© 2015 Copyright

(C) Atelier SHIN All Rights Reserved

​鳴海伸一版画制作工房 摺房 想恩畫斎

SHINICHI NARUMI
PRINT STUDIO
 

CONCEPT​

時として人に喜びと安らぎを与えてくれる花。

道端で風雪に耐えながら人知れずひっそりと咲く花。

その華麗な容姿から、人を魅了する花。

そんな草花を見ていると、私はその核にふれてみたくなります。
小さな種子は大地の恵みを吸い上げ、陽射しと水分を浴びながら徐々に
天空へと伸び、葉を開き、花を咲かせ実をつけます。
そして、儚くも咲き散るものの、また季節が過ぎ去ると新たな息吹を私たちに見せてくれます。
その芽吹き咲く力強い生命感と、生き様には、

人の生そのものを映し出しているかのようにも思います。


どの人生にも花開く事を信じ、夢をみる力がある。

一度きりの人生で何の為に何をし、次の芽吹きに何を残すか。

自分に何ができるのか。
朽ちたとしても、次には何をするのか。

常に自問自答しながら花々に夢と希望を見たとき、

自らの内に勇気と動き出す力が開花します。


その想いをもって私はタガネを持ち、版と向き合い直刻します。

写し取られた線をなぞり、絵の具を着色するよりも、気持ちや想いをダイレクトに版へぶつけ、刷りあげる。

思いどおりに開花するときもあれば、

時に裏切られ積み上げてきたものが一気に崩壊することもある。

そして救われる。

確約のない手探りの過程の中で、私にとって花は原動力でもあり、

羅針盤的な存在なのかもしれません。

それぞれが夢と想いを持ち、たとえ朽ちた花があったとしても

1本1本の存在があるからこそ、広大な花畑を見て清清しく美しいと感じるのでしょう。


そんな花々に敬意を表するのみです。  

 

 

 

鳴海伸一

 

札幌芸術の森美術館 「真冬の花畑」展覧会図録より抜粋

WORKS

 

PROFILE

SHINICHI NARUMI

高校・大学と建築を学び、フランク・ロイド・ライトなどの建築家のドローイングに感銘を受ける。

 

建築設計実務を経て、1997年より本格的に版画制作をはじめ、国内外での作品発表や全国各地の施設などのアートワークも手掛けている。

【 近年の主な展覧会 】

2019 金沢湯涌創作の森AIRプロジェクト(金沢湯涌創作の森/石川県)

   個展「線への憧憬」(金沢湯涌創作の森/石川県)

   アワガミ国際ミニプリント展(阿波和紙伝統産業館/徳島県)

   個展「風姿花」(三越札幌店/北海道)

   International Print Exchange(Durby/UK) 

2018 CWAJ現代版画展(ヒルサイドフォーラム代官山/東京都)

2017 個展「Theory」(三越札幌店/北海道)

2016 全国和紙画展「美濃和紙の里会館/岐阜県」

2015 個展「鳴海伸一版画展」(三越札幌店/北海道)

2014 個展「洞爺湖芸術館夏特別展 鳴海伸一版画展」(洞爺湖町/北海道)

 
 

CONTACT

当房ホームページをご覧いただきありがとうございます。

作品コンセプト、ワークショップ、資料請求などがございましたら、お手数をおかけいたしますが、右のフォームよりお問い合わせお願い申し上げます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram